「ツーデーパス」のスゝメ

お盆も過ぎて、8月も後半に突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか?

「ETC割引1,000円」で高速道路は大混雑していますが、鉄道も負けていません!

そこで今回は、JR東日本が発売する「ツーデーパス」をご紹介します。

これまでも「土・日きっぷ」「ホリデーパス」など、さまざまな乗り放題きっぷを発売してきたJR東日本。

しかし、今春から始まった「ETC割引1,000円」には敵わなかったようです。

確かに鉄道は1人に1枚のきっぷが必要なのに対し、自動車は1台で1,000円。

家族4人で旅行に行ったとしても、その差は歴然です。

そんな「ETC割引1,000円」に黙っていられない、と発売されたのが「ツーデーパス」でした。

関東・甲信越のJR東日本+αの快速・普通列車自由席が2日間乗り放題で大人5,000円!

大人の休日倶楽部会員や学生は3,500円!! 子どもは2,000円!!

しかも、新幹線や特急に乗車する場合も、特急券等を別途購入するだけで乗車OK!!!

これは“一番安い乗り放題きっぷ”と言われる「青春18きっぷ」を上回るお得さです。

さらに、このようなきっぷはお盆などの繁忙期は設定されないのが通常ですが、

お盆や9月の連休にも使用できる点も大きな特徴だと言えます。

他にも特典がいろいろありますが、詳細は以下のページをご覧ください。

  【おトクなきっぷ→ツーデーパス(JR東日本)】

なお、8月は31日(月)までの毎日、9月は土・日・祝日のみ利用できます。

残念ながらお盆の乗車率は去年より減少したようですが、

「ツーデーパス」の利用者は発売開始から10万人を突破したそうです。

「ETC割引1,000円」による影響は大きいですが、それなりに鉄道各社も奮闘しています!!

ご旅行の際にはぜひ、環境に優しい「鉄道」を利用しましょう!!!

ちなみにこの「ツーデーパス」、埼大鐵研の「空転防止」50号記念企画でも大活躍しています。

もしかしたら、あなたもフリーエリア内でメンバーを見掛けるかも?!笑